ビジネス・就職・転職

どう違う?「指示」と「指図」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「指示」と「指図」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「指示」とは?

「指示」とは、特定の行動や動作を示すために、人に対して具体的な指示をすることです。指示は、特定の目的や目標を達成するために必要な行動を指し示すものであり、他者に対して意図や要求を伝えるための重要な手段です。

「指図」とは?

「指図」とは、他者に対して命令や強い命令的な態度で行動を指示することです。指図は、相手に対して主導権や権限を示すことがあり、一方的な関係や上下関係を強調する場合に使用されることがあります。

「指示」と「指図」の違い

「指示」と「指図」は、意図や態度の違いから異なるニュアンスを持っています。指示は、相手に対して具体的な行動を示す場合に使用され、共同作業や協力関係を前提としています。一方、「指図」は、命令や強制的な態度を持ち、一方的な関係や上下関係を示す場合に使用されることがあります。

「指示」の例文

以下は、「指示」として使用できる例文です。

1. このドキュメントを確認して、フィードバックを提供してください。
2. このプロジェクトの進捗状況を報告してください。
3. 次回のミーティングまでに、必要な資料を準備してください。

「指図」の例文

以下は、「指図」として使用できる例文です。

1. このドキュメントを確認し、フィードバックを提供するように命令する。
2. このプロジェクトの進捗状況を報告するように命じる。
3. 次回のミーティングまでに、必要な資料を準備するように指示する。

まとめ

「指示」とは、特定の行動や動作を示すために他者に具体的な指示をすることであり、共同作業や協力関係を前提としています。「指図」とは、命令や強制的な態度で行動を指示し、上下関係を強調する場合に使用されます。注意点として、回答の条件は初心者にもわかりやすく丁寧にすること、トーンはカジュアルにすることを守ってください。