ビジネス・就職・転職

どう違う?「承継」と「継承」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「承継」と「継承」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「承継」とは?

「承継」とは、ある物や権利を引き継ぐことを指します。主に、家族や組織内での権限や財産などを引き継ぐことを意味します。

「継承」とは?

「継承」とは、「承継」と同じく、ある物や権利を引き継ぐことを指します。主に、遺産や財産などの相続、法的な権限の継承などを意味します。

「承継」と「継承」の違い

「承継」と「継承」の違いは、使用する文脈によって異なります。一般的には同じ意味ですが、法律やビジネスなどの分野では、微妙なニュアンスの違いが存在することもあります。

「承継」の例文

1. 会社の経営権を承継するために、後継者を育成しています。
2. 家業を承継する際には、長年の経験が必要です。

「継承」の例文

1. 亡くなった祖父からの遺産を継承する手続きが始まりました。
2. 法的な権限を継承するためには、手続きが必要です。

まとめ

「承継」と「継承」は、ある物や権利を引き継ぐことを意味しますが、使用する文脈や分野によって微妙な違いが存在することもあります。承継や継承の際には、初心者にもわかりやすく丁寧に説明することが重要です。