専門用語・業界用語

どう違う?「思われる」と「考えられる」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「思われる」と「考えられる」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「思われる」とは?

「思われる」とは、他人から自分のことをある特定のイメージや感じ方で捉えられることを意味します。自分自身が思っていることや感じていることと、他人からの視点で捉えられることは異なる場合があります。例えば、自分は真面目に取り組んでいるつもりでも、他人からはおおらかに見られることがあるかもしれません。

「考えられる」とは?

「考えられる」とは、ある事柄や状況に対して、ある特定の考えや意見が存在する可能性があることを指します。人々はそれぞれ異なるバックグラウンドや経験を持っており、同じ事柄や状況に対しても様々な考え方や解釈があり得る場合があります。

「思われる」と「考えられる」の違い

「思われる」と「考えられる」の違いは、主体が異なることです。前者は他人からの視点で自分を捉えることを意味し、後者は自分や他人が持つ可能性のある考えや意見を指します。つまり、「思われる」は外部からの視点に焦点を当て、自分を客観的に捉えることを意味しますが、「考えられる」は自分や他人の内面的な考え方や意見の可能性を考慮することを指します。

「思われる」の例文

1. 彼はいつも優しい態度で接してくれるので、周囲からは信頼されていると思われる。
2. 私の行動が誤解を受けることが多く、わかりにくい人間だと思われることがある。
3. 彼女の努力をしっかりと評価すると、真面目な人だと思われることができる。

「考えられる」の例文

1. この問題に対しては、さまざまな解釈が考えられる。
2. 彼の行動にはさまざまな理由が考えられる。
3. その事件の背後には様々な陰謀説が考えられている。

まとめ

「思われる」とは他人からの視点で自分を捉えることを指し、そのイメージや感じ方は自分とは異なる場合があります。一方、「考えられる」とはある事柄に対して存在する可能性のある考えや意見を指し、人々のバックグラウンドや経験によって異なる解釈が生まれることがあります。