専門用語・業界用語

どう違う?「弁償」と「賠償」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「弁償」と「賠償」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「弁償」とは?

「弁償」とは、被害や損害などをお金や物品で埋め合わせることです。例えば、物を壊してしまった場合に、その修理費用を支払うことが「弁償」です。また、契約違反をした場合に相手に損害を与えた場合も、「弁償」が必要となります。

「賠償」とは?

「賠償」とは、被害や損害をお金で相手に支払うことです。「賠償」は、相手に対して直接的に損害を与えた場合に行われます。例えば、交通事故によって相手にケガをさせた場合には、「賠償」が必要となります。

「弁償」と「賠償」の違い

「弁償」と「賠償」の違いは、主に以下の点にあります。

1. 弁償はお金や物品での埋め合わせを指し、賠償はお金での支払いを指す。
2. 弁償は一般的に契約違反や物的損害によるものであり、賠償は主に人的損害によるものである。

「弁償」の例文

以下に「弁償」の例文を示します。

1. 商品を売却したが、不良品だったため、購入者に修理費用を弁償する。
2. 隣の家の窓を割ってしまったため、修理費用を隣人に弁償する。

「賠償」の例文

以下に「賠償」の例文を示します。

1. 車同士の衝突事故で相手にケガをさせたため、医療費や慰謝料を賠償する。
2. 建物の火災で隣人の財産が焼けたため、損害額を賠償する。

まとめ

「弁償」とは被害や損害をお金や物品で埋め合わせることであり、契約違反や物的損害による場合に使われます。「賠償」とは被害や損害をお金で相手に支払うことであり、主に人的損害による場合に使われます。