その他

どう違う?「実名」と「本名」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「実名」と「本名」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「実名」とは?

「実名」とは、本名や正式な名前のことを指します。個人の身元を特定するために使用される名前です。

「本名」とは?

「本名」とは、生まれたときから持っている名前や、公的な文書に記載されている名前のことを指します。個人の正式な名前です。

「実名」と「本名」の違い

「実名」と「本名」の違いは、使用される文脈や目的によって異なります。

「実名」は、SNSやインターネット上での活動など、仮名やニックネームではなく、実際の本名を使用することを指します。

一方、「本名」は、法的な文書や公的な場で使用される、個人の正式な名前を指します。

「実名」の例文

例えば、SNSのプロフィールに「実名」を入力する場合は、以下のような例文が考えられます。

– 山田太郎(やまだたろう)
– John Smith
– 張り子太郎(かりこたろう)

「本名」の例文

例えば、公的な文書に「本名」を入力する場合は、以下のような例文が考えられます。

– 山田太郎
– John Smith
– 張り子太郎

まとめ

「実名」と「本名」は、使用される文脈や目的によって異なりますが、いずれも個人の身元を特定するために使用される名前です。