金融・経済

どう違う?「増収」と「増益」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「増収」と「増益」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「増収」とは?

増収とは、企業が売上高を前年度よりも増やすことを指します。具体的には、商品やサービスの販売数量や価格の引き上げなどによって、売上高を増やすことを目指します。

「増益」とは?

増益とは、企業が営業利益を前年度よりも増やすことを指します。営業利益とは、売上高から販売費や経費などを差し引いた結果得られる利益です。経費削減や業績改善などの手法を用いて、営業利益を増やすことを目指します。

「増収」と「増益」の違い

「増収」と「増益」は、いずれも企業の業績向上を目指すための指標ですが、異なる意味を持ちます。「増収」は売上高を増やすことを重視し、販売数量や価格の引き上げなどに注力します。「増益」は営業利益を増やすことを重視し、経費削減や業績改善などに力を入れます。つまり、「増収」は売り上げを伸ばすことに重点を置き、「増益」は収益を増やすことに主眼を置いています。

「増収」の例文

例えば、ある飲食店が新メニューを導入し、それによって売上高が増えたとします。この場合、「増収」とは、新メニューの売り上げによって、飲食店の売上高が前年度よりも増加したことを指します。また、営業戦略を見直し、新たなマーケットに進出することで、新規顧客の獲得や販売数量の増加を図ることも「増収」の一例です。

「増益」の例文

例えば、あるIT企業がコスト削減策を実施し、それによって営業利益が増えたとします。この場合、「増益」とは、コスト削減によって、企業の営業利益が前年度よりも増加したことを指します。また、売上高の引き上げや新規事業の立ち上げによって、販売コストを上回る収益を得ることも「増益」の一例です。

まとめ

「増収」とは売上高を増やすことを指し、「増益」とは営業利益を増やすことを指します。企業はこれらの指標を通じて、業績の向上を図ります。具体的な手法としては、売上高の引き上げや費用削減、新規事業の展開などが挙げられます。重要な点は、初心者にもわかりやすく丁寧に解説することと、カジュアルなトーンで説明することです。