専門用語・業界用語

どう違う?「動作」と「作動」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「動作」と「作動」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「動作」とは?

「動作」とは、物や人が動くことや動く様子を指します。具体的には、物体が移動することや、機械や装置が作動することなどを指します。

「作動」とは?

「作動」とは、機械や装置などが正常に動くことを指します。具体的には、スイッチを入れるなどの操作によって、機械や装置が動き始めることを指します。

「動作」と「作動」の違い

「動作」と「作動」の違いは、主に対象の違いです。つまり、「動作」は物や人などが動くことを指し、「作動」は機械や装置などが動くことを指します。

「動作」の例文

– ボタンを押すと、ドアの動作が始まります。
– 車のエンジンが始動し、車が動作しました。
– 機械が正常に動作しているか確認してください。

「作動」の例文

– スイッチを入れると、エアコンが作動します。
– 電子レンジの動作がおかしいので、修理に出しました。
– 発電機が作動しない原因を調べています。

まとめ

「動作」と「作動」は、物や人が動くことと、機械や装置が動くことを指す言葉です。それぞれの違いを理解し、正確に使用することが大切です。