ビジネス・就職・転職

どう違う?「依頼」と「委託」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「依頼」と「委託」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「依頼」とは?

「依頼」とは、他の人に対して何かを頼むことです。例えば、友達にお店の予約を頼んだり、上司にプレゼンの資料作成を頼んだりすることがあります。依頼は、相手に対してお願いをする際に使用される言葉です。

「委託」とは?

「委託」とは、他の人に何かを任せることです。例えば、経理の仕事をアウトソーシングする場合や、親友に大切な物を預ける場合など、自分ができないことや信頼できる人に任せることがあります。委託は、自分の代わりに他の人に何かをやってもらう際に使用される言葉です。

「依頼」と「委託」の違い

「依頼」と「委託」の違いは、主に以下のような点があります。

1. 目的:依頼はお願いをすることを目的とし、相手に対して何かを頼むイメージです。一方、委託は自分の代わりに他の人に何かを任せることを目的とします。

2. 責任の所在:依頼はお願いをしても、最終的な責任は自分自身にあります。一方、委託は他の人に仕事を任せるため、その人が最終的な責任を持つことが一般的です。

3. 範囲:依頼は特定のタスクやお願い事を含みますが、それ以外のことは自分で行う場合が多いです。一方、委託は特定の仕事や責任を他の人にまるっと任せることがあります。

「依頼」の例文

1. 「明日の会議に代わりに参加してくれませんか?時間が重なってしまって…」
2. 「プレゼントのラッピングをお願いできますか?うまくできないので…」
3. 「この資料を調べてまとめてもらえませんか?時間がなくて…」

「委託」の例文

1. 「会計業務を委託したいのですが、お願いできますか?」
2. 「大切な品物をあなたに預けたいのですが、お願いできますか?」
3. 「ウェブサイトのデザインを任せたいのですが、お願いできますか?」

まとめ

「依頼」とは他の人に対してお願いをすることであり、「委託」とは他の人に自分の代わりに何かを任せることです。依頼はお願いをすることを目的とし、自分が最終的な責任を持ちます。一方、委託は他の人に仕事を任せることであり、その人が最終的な責任を持ちます。