専門用語・業界用語

どう違う?「事件当時」と「事件当日」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「事件当時」と「事件当日」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「事件当時」とは?

「事件当時」とは、事件が起きた時点やその時期を指す表現です。例えば、「事件当時、彼は学生だった」というような使い方があります。

「事件当日」とは?

「事件当日」とは、事件が起きた具体的な日付や日にちを指す表現です。例えば、「事件当日は2022年5月15日だった」というような使い方があります。

「事件当時」と「事件当日」の違い

「事件当時」と「事件当日」の違いは、時間の指定の仕方にあります。「事件当時」は事件が起きた時点やその時期を表し、「事件当日」は具体的な日付や日にちを指します。

「事件当時」の例文

– 事件当時、彼はまだ若かった。
– 事件当時の彼女の様子を覚えていますか?
– 事件当時は大きな騒ぎになりました。

「事件当日」の例文

– 事件当日は多くの報道陣が集まりました。
– 事件当日の状況を詳しく説明してください。
– 事件当日には目撃者の証言があります。

まとめ

「事件当時」と「事件当日」は、事件の時間や日程を表す表現ですが、指している時間の指定の仕方が異なります。「事件当時」は時点や時期を、「事件当日」は具体的な日付や日にちを表します。