英語

どう違う?「weather」と「climate」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「weather」と「climate」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「weather」とは?

「weather」とは、特定の時間と場所における大気の状態や天候のことを指します。具体的には、気温や湿度、風速や風向き、降水量など、現在の大気の状態を表す要素が含まれます。

「climate」とは?

一方、「climate」とは、ある地域や特定の場所の長期間にわたる気候のパターンや傾向を指します。つまり、数年から数十年にわたる平均的な気象条件や気候特性を示すものです。

「weather」と「climate」の違い

「weather」と「climate」の違いは、時間と尺度の違いにあります。まず、時間的な違いとしては、「weather」は短期間の天候状況を指し、特定の場所と時間に関連します。一方、「climate」は、数年以上にわたる長期的な気候傾向を表す言葉です。

尺度の違いとしては、「weather」は、具体的な天候の要素や現在の状況に焦点を当てた表現です。一方、「climate」は、長期間の平均的な気候条件やその地域の気候特性を表す言葉です。

「weather」の例文

1. 今日の天気は晴れで、最高気温は摂氏25度です。
2. 明日は曇りのち雨で、風速は時速20キロメートルです。
3. 夕方から夜にかけて雷雨が予想されます。

「climate」の例文

1. この地域は年間を通じて温暖な気候です。
2. 冬には降雪があり、平均気温は摂氏5度です。
3. 梅雨時期は湿度が高く、雨が多い傾向があります。

まとめ

「weather」と「climate」は、大気の状態や気候を表す言葉ですが、時間的な尺度や焦点が異なります。「weather」は短期間の天候を表し、特定の場所と時間に関連します。「climate」は長期的な気候傾向を表し、数年以上の時間スパンや地域の特性に焦点を当てます。