英語

どう違う?「useful」と「helpful」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「useful」と「helpful」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「useful」とは?

「useful」とは、何かの役に立つ、有益な、便利なという意味です。物や情報、アイデアなどが役立つことを表現する際に使用されます。

「helpful」とは?

「helpful」とは、助けになる、役立つという意味です。他人の手助けや支援、助言などが役立つことを表現する際に使用されます。

「useful」と「helpful」の違い

「useful」と「helpful」の違いは、主に対象になるものが異なります。具体的には、
– 「useful」は物や情報、アイデアなどが役立つことを表現します。
– 「helpful」は他人の手助けや支援、助言などが役立つことを表現します。

また、使用する場面や文脈によっても微妙な違いがありますが、一般的にはこのようなニュアンスの違いがあります。

「useful」の例文

1. このアプリはとてもusefulです。日常生活を便利にする機能がたくさんあります。
2. 彼のアドバイスはとてもusefulでした。問題の解決に役立ちました。

「helpful」の例文

1. 彼女はいつもhelpfulなアドバイスをくれます。困っているときに助けてくれる存在です。
2. 彼の援助はとてもhelpfulでした。一人では解決できなかった問題を一緒に解決できました。

まとめ

「useful」と「helpful」は、それぞれ役立つことや助けになることを表現する際に使用されます。対象になるものによって使い分けることがありますが、一般的には「useful」は物や情報などの役立つことを、「helpful」は他人の手助けや支援などの役立つことを表現します。初心者にもわかりやすく丁寧な回答を心掛け、カジュアルなトーンでお伝えしました。