専門用語・業界用語

どう違う?「snackbar」と「toast」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「snackbar」と「toast」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「snackbar」とは?

snackbar(スナックバー)は、ユーザーに情報や通知を表示するためのUI要素です。画面の上部や下部に短いメッセージを表示し、一定時間後に自動的に消えます。主にモバイルアプリやウェブアプリで使用されます。

「toast」とは?

toast(トースト)も、ユーザーに情報や通知を表示するためのUI要素です。snackbarと同様に一定時間後に自動的に消えますが、画面中央に表示される点が違います。主にモバイルアプリで使用されます。

「snackbar」と「toast」の違い

snackbarとtoastの違いは、表示される位置です。snackbarは画面の上部や下部に表示されるのに対し、toastは画面中央に表示されます。また、snackbarは通知メッセージを長押しすることで消すこともできますが、toastは自動的に消えるまで待つ必要があります。

「snackbar」の例文

snackbarの使い方の一例として、フォームの送信が成功したことをユーザーに通知する場合を考えてみましょう。以下のようなコードを実装することで、snackbarを表示することができます。

“`
Snackbar.make(view, “フォームの送信が成功しました”, Snackbar.LENGTH_SHORT).show();
“`

このようにすることで、フォームの送信が成功したことをユーザーに分かりやすく伝えることができます。

「toast」の例文

toastの使い方の一例としては、ボタンがクリックされたことをユーザーに通知する場合があります。以下のようなコードを実装することで、toastを表示することができます。

“`
Toast.makeText(getApplicationContext(), “ボタンがクリックされました”, Toast.LENGTH_SHORT).show();
“`

このようにすることで、ボタンのクリックをユーザーにわかりやすく伝えることができます。

まとめ

snackbarとtoastは、ユーザーに情報や通知を表示するためのUI要素です。snackbarは画面の上部や下部に表示され、toastは画面中央に表示されます。それぞれの使い方に応じて適切なUI要素を選び、ユーザーにわかりやすく丁寧な通知を行いましょう。