専門用語・業界用語

どう違う?「report」と「inform」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「report」と「inform」の違いを分かりやすく簡単に解説します。
「report」とは?

「report」とは、ある情報や事実を調査・分析して報告することを指します。主に公式な場や専門的な分野で使用されることが多く、客観的なデータや統計を用いて説明することが求められます。そのため、正確性や客観性が重要です。

「inform」とは?

「inform」とは、ある情報や知識を伝えることを指します。主に日常的なコミュニケーションや一般的な場面で使用されることが多く、わかりやすく簡潔な表現が求められます。感情や意見を交えることもありますが、主観的な意見ではなく一般的な情報を提供することが重要です。

「report」と「inform」の違い

「report」と「inform」の違いは、主に使用する場面やスタイルにあります。前者は公式な場や専門的な分野で使用され、客観的なデータや統計に基づいて報告することが求められます。後者は日常的なコミュニケーションや一般的な場面で使用され、わかりやすく簡潔に情報を伝えることが求められます。また、感情や意見を交えることもありますが、客観的な情報を提供することが重要です。

「report」の例文

例文1:昨日行われた会議の報告をします。
昨日、部署メンバーとの会議が行われました。会議の内容は、新プロジェクトの進捗状況や課題点について話し合われました。参加者は10名で、資料やグラフを用いて詳細な説明が行われました。今後の課題や改善策についても報告しました。

例文2:最新の市場調査結果に基づく報告です。
最新の市場調査結果を報告いたします。調査対象は全国の消費者で、アンケート調査とユーザビリティテストを行いました。調査結果から、商品の需要が高まっていることや競合他社の動向などを分析し、今後の戦略に活かす提案を行いました。

「inform」の例文

例文1:今日の天気についてお知らせします。
今日の天気は晴れです。最高気温は25℃で、最低気温は15℃です。日中は日差しが強くなる予報ですので、紫外線対策をお忘れなく。

例文2:新商品のご案内です。
新商品のご案内です。これは、お客様のご要望に基づいて開発された商品で、使いやすさや耐久性にこだわっています。特設コーナーにて、実際に試していただけますのでぜひお越しください。

まとめ

「report」と「inform」は異なる使われ方とスタイルを持っています。「report」は公式な場や専門的な分野で使用され、客観的なデータや統計に基づいた報告が求められます。「inform」は日常的なコミュニケーションや一般的な場面で使用され、わかりやすく簡潔に情報を伝えることが求められます。正確性や客観性を重視しながら、初心者でも理解しやすいように丁寧に伝えることが大切です。