専門用語・業界用語

どう違う?「reason」と「cause」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「reason」と「cause」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「reason」とは?

「reason」とは、ある事象や現象が起こる理由や根拠を示す言葉です。それによって、なぜそのような結果や状況が生じるのかを説明することができます。

「cause」とは?

「cause」とは、ある結果や状況が生じる原因や要因を指す言葉です。結果や状況が生じる過程や、何がそれを引き起こすのかを示すことができます。

「reason」と「cause」の違い

「reason」と「cause」の違いは、主に説明するものの性質にあります。

「reason」は、ある事象や現象が生じる理由や根拠を示す際に使用されます。つまり、なぜそのような結果や状況が生じるのかを説明するために使われます。

一方、「cause」は、ある結果や状況が生じる原因や要因を指す言葉です。結果や状況が生じる過程や、何がそれを引き起こすのかを示すために使われます。

「reason」の例文

例文1: 彼女は試験に合格した理由は、真面目に勉強したからです。
例文2: 雨が降った理由は、気圧の変化による影響です。

「cause」の例文

例文1: 彼のけんか癖の原因は、幼少期のいじめの経験です。
例文2: 交通事故の原因は、運転手のスピード超過です。

まとめ

「reason」と「cause」は、それぞれ事象や結果に対する理由や原因を示す言葉です。適切な言葉の使用によって、事象や結果を初心者にもわかりやすく丁寧に説明することができます。また、文章全体のトーンをカジュアルに保ちながら、明確な意味伝達を心がけましょう。