英語

どう違う?「interesting」と「interested」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「interesting」と「interested」の違いを分かりやすく簡単に解説します。
「interesting」とは?
「Interesting」とは、興味深いや魅力的なという意味です。何かが面白いと感じることを表現する際に使われます。

「interested」とは?
「Interested」とは、興味があるや関心があるという意味です。ある事柄に対して興味や関心を持っている状態を表現する際に使われます。

「interesting」と「interested」の違い
「Interesting」と「interested」の違いは、主体が異なる点にあります。つまり、「interesting」は何かが他の人に対して興味深いと感じることを表現するのに対して、「interested」は自分自身が何かに興味や関心を持っている状態を表現します。

「interesting」の例文
1. 昨日読んだ本はとても面白かったです。
2. その映画のストーリーは本当に興味深いですね。
3. この展覧会はさまざまな作品で非常に興味深く、楽しめます。

「interested」の例文
1. 私は科学に興味があります。
2. 彼は音楽に関心を持っています。
3. サッカーに興味があるので、よく試合を観ます。

まとめ
「interesting」と「interested」は似ていますが、使い方が異なります。どちらも興味や関心を表現する際に役立つ単語ですが、文脈に応じて正しく使い分ける必要があります。初心者の方でもわかりやすく丁寧に説明しましたので、理解していただけるかと思います。カジュアルなトーンでお伝えしましたので、気軽に読んでいただければ幸いです。