専門用語・業界用語

どう違う?「fix」と「repair」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「fix」と「repair」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「fix」とは?

「fix」とは、何かが壊れたり問題があったりしたものを修理することです。例えば、壊れた電化製品を直すことや、故障した車の修理をすることなどが「fix」に該当します。

「repair」とは?

「repair」とは、「fix」と同じく何かが壊れたり問題があったりしたものを修理することを指します。ただし、「repair」はより幅広い意味で使用され、例えば、壊れたビルや建物の修復や、故障した道路や橋の修理なども「repair」に含まれます。

「fix」と「repair」の違い

「fix」と「repair」は、基本的に同じ意味を持つ言葉ですが、細かな違いが存在します。「fix」は一般的に物理的なものや個別の問題を指し、壊れたり故障したりしたものを直すことを重点的に扱います。「repair」はより包括的な意味を持ち、物理的なものだけでなく、それ以外のものやシステムなども修理の対象となります。

「fix」の例文

1. 私は壊れたテレビを修理するために修理業者に連絡しました。
2. 彼が壊れた自転車を自分で修繕するのを見ました。
3. このトイレのドアが閉まらないので、直してほしいです。

「repair」の例文

1. 昨日、市役所の建物が地震の被害を受けたため、修復作業が行われています。
2. 道路の一部が崩れてしまったので、修理する必要があります。
3. エアコンが壊れてしまったので、修理に出す予定です。

まとめ

「fix」と「repair」は、何かが壊れたり問題があったりしたものを修理するために使用される言葉です。ただし、「fix」は一般的に物理的なものや個別の問題に焦点を当て、「repair」はより包括的な意味を持ちます。