ビジネス・就職・転職

どう違う?「employ」と「hire」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「employ」と「hire」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「employ」とは?

「employ」とは、組織や企業などが人を雇用することを指します。具体的には、労働力を雇用し、その人に対して給与や福利厚生を提供することを意味します。

「hire」とは?

「hire」とは、「employ」と同じく人を雇うことを指します。しかし、「hire」は、一時的な雇用やプロジェクトごとの雇用にも使用されます。また、「hire」は、通常は特定の役職や職種に対してのみ使用されます。

「employ」と「hire」の違い

「employ」と「hire」の違いは、雇用のタイプです。一般的に、「employ」は永続的な雇用を意味し、組織や企業が労働力を継続して雇用することを指します。一方、「hire」は、一時的な雇用やプロジェクトごとの雇用に使用されることが多く、期間が限定されていることが特徴です。

「employ」の例文

以下は、「employ」の例文です。

1. 会社は新しい従業員を雇いました。
2. 彼はその会社で長年雇用されています。
3. 私たちは優れたスキルを持つ人材を雇用する必要があります。

「hire」の例文

以下は、「hire」の例文です。

1. プロジェクトのために一時的な従業員を雇いました。
2. 彼女は新しいマネージャーを雇うことになりました。
3. その会社は専門家を雇う必要があります。

まとめ

「employ」と「hire」は、人を雇うことを意味しますが、雇用のタイプに違いがあります。「employ」は永続的な雇用を指し、組織や企業が労働力を継続して雇用することを示します。「hire」は一時的な雇用や特定のプロジェクトに使用される場合が多く、期間が限定されていることが特徴です。