専門用語・業界用語

どう違う?「drop」と「fall」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「drop」と「fall」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「drop」とは?

「drop」とは、何かを落とすことを意味します。例えば、手から物を落としたり、物を高い場所から落としたりすることです。

「fall」とは?

「fall」とは、落下することを意味します。例えば、木の葉が風に吹かれて地面に落ちることや、人が転倒して地面に倒れることなどが該当します。

「drop」と「fall」の違い

「drop」と「fall」の違いは、主に動作の起点にあります。狭い範囲で物が落下する場合には「drop」を使い、広い範囲で何かが落下する場合には「fall」を使います。

「drop」の例文

– 彼は手からコーヒーカップを落とした。
– 風で帽子が地面に落ちた。
– 雨が一滴ずつ地面に落ちていった。

「fall」の例文

– 枯れ葉が風に吹かれて地面に落ちた。
– 木からリンゴが落ちてきた。
– 階段でつまずいて転倒した。

まとめ

「drop」と「fall」は、どちらも何かが落下することを表しますが、使い方には違いがあります。注意して使い分けましょう。