専門用語・業界用語

どう違う?「create」と「make」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「create」と「make」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「create」とは?

「create」とは、何かを新しく作り出すことを指す動詞です。この動詞は、物理的なものや抽象的なものを含めてさまざまなものを作成する際に使用されます。

「make」とは?

「make」とは、何かを作る、生成する、または作成するという意味の動詞です。この動詞は、具体的なものを作る際に使用されることが一般的です。

「create」と「make」の違い

「create」と「make」は、一般的には似たような意味を持っていますが、微妙な違いがあります。一般的には、「create」はより創造的な要素を含み、抽象的なものや新しいものの創造に関連する場合に使用されます。一方、「make」はより具体的で実用的な要素を含み、物理的なものや既存の要素を使用して何かを作り出す場合に使用されることがより一般的です。

「create」の例文

1. 彼は素敵な絵画を創作しました。
2. このアーティストは独自の音楽を作り出すことができます。
3. 私たちは新しいビジネスアイデアを生み出すために集まりました。

「make」の例文

1. 彼は美味しい料理を作りました。
2. 私たちは彼のために手作りの誕生日カードを作ります。
3. 彼らは家具を作成するために木材を使用しました。

まとめ

「create」と「make」は、何かを作ることを指す動詞ですが、微妙な違いがあります。「create」はより創造的な要素を含み、抽象的なものや新しいものの創造に関連する場合に使用されます。「make」はより具体的で実用的な要素を含み、物理的なものや既存の要素を使用して何かを作り出す場合に使用されます。