専門用語・業界用語

どう違う?「contain」と「include」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「contain」と「include」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「contain」とは?

「contain」とは、ある要素が他の要素を含んでいることを表す動詞です。例えば、「この箱はりんごを含んでいます」というように使用することができます。

「include」とは?

「include」とは、「含む」という意味の動詞です。「contain」と似ていますが、複数の要素を含むことを強調する場合に使用します。例えば、「このリストにはりんご、バナナ、オレンジが含まれています」といった使い方があります。

「contain」と「include」の違い

「contain」と「include」の違いは、要素の数にあります。「contain」は1つの要素を含む場合に使用し、「include」は複数の要素を含む場合に使用します。

「contain」の例文

1. この箱はりんごを含んでいます。
2. この袋には砂が含まれています。
3. このボトルには水が含まれています。

「include」の例文

1. このリストにはりんご、バナナ、オレンジが含まれています。
2. このセットには鉛筆、ペン、消しゴムが含まれています。
3. この料理には野菜、魚、肉が含まれています。

まとめ

「contain」と「include」は、要素の含まれ方に違いがありますが、どちらも他の要素を含むことを表す動詞です。注意点として、要素の数によって使い分けることが重要です。それぞれの例文を参考にして、適切な文脈で使用してください。初心者にもわかりやすく丁寧に説明することを心がけてください。