食品

どう違う?「broil」と「bake」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「broil」と「bake」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「broil」とは?

「broil」とは、食材を直接高温で焼く調理方法のことです。具体的には、食材をグリルやオーブンの上段に置き、強力な上火で焼く方法です。

「bake」とは?

「bake」とは、食材を低温で加熱する調理方法のことです。具体的には、食材をオーブンの中段などに置き、均等に加熱する方法です。

「broil」と「bake」の違い

「broil」と「bake」の違いは、主に加熱方法と温度です。前述したように、「broil」は上火で高温に焼く方法であり、逆に「bake」は均等な低温で加熱する方法です。

「broil」の例文

例えば、「broil」の場合、ステーキをジューシーに仕上げることができます。ステーキを強力な上火で焼くことで、表面はカリッと焼き上げつつ、内部はジューシーに仕上げることができます。

「bake」の例文

一方、「bake」の例としては、クッキーやケーキなどの焼き菓子があります。オーブンの中段で均等に加熱することで、生地が膨らみ、中心までしっかりと加熱された美味しい焼き菓子ができ上がります。

まとめ

「broil」と「bake」は、食材を加熱するための調理方法であり、それぞれに特徴と適用例があります。「broil」は高温で焼き上げる方法で、肉などの焼き物に適しています。「bake」は低温で均等に加熱する方法で、焼き菓子などに適しています。初心者にもわかりやすく丁寧に説明しました。