専門用語・業界用語

どう違う?「Arm」と「Hand」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「Arm」と「Hand」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「Arm」とは?

「Arm」とは、人間や動物の上肢の一部である。体の肩から手首までの間に存在し、肘と手首の間には腕の骨がある。腕は力強くて柔軟な動きを可能にし、物を掴んだり、力を入れたりする能力を持っている。

「Hand」とは?

「Hand」とは、人間や動物の上肢の一部である。腕の一番先端に位置し、指や親指を備えている。手は感覚器官であり、物をつかんだり、操作したりする能力を持っている。また、手はコミュニケーションの手段や表現の手段としても使用されることがある。

「Arm」と「Hand」の違い

「Arm」と「Hand」の違いは、役割と形状にあります。腕は体の一部であり、物を掴んだり動かしたりする能力を持っているものの、手のように詳細な操作は行えません。一方、手は腕の一部であり、指や親指を使って物をつかんだり操作したりすることができます。手は腕に比べてより細かい動作が可能であり、感覚器官としても重要な役割を果たしています。

「Arm」の例文

1. 私は腕を振ってあいさつをする。
2. 彼女は腕を組んでイライラしている様子だった。
3. サーフィンをするために腕力を鍛えています。

「Hand」の例文

1. 彼は巧みな手さばきで料理を作っている。
2. 私の手には小さな傷ができてしまった。
3. 彼女の手はとてもきれいで指先まで美しく整っている。

まとめ

「Arm」と「Hand」は上肢の一部であり、物を掴んだり動かしたりする能力を持っています。腕は力強くて柔軟な動きが可能であり、手はより細かい動作ができるとともに感覚器官としても機能しています。腕と手は互いに補完しあう役割を持ち、人間や動物の機能の重要な一部となっています。