英語

どう違う?「anything」と「something」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「anything」と「something」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「anything」とは?

「anything」とは、何かしらの物事や事柄を指す言葉です。
例えば、「何か食べたいものはありますか?」と聞かれた場合に、「anything」と答えることができます。

「something」とは?

「something」とは、何か特定の物事や事柄を指す言葉です。
例えば、「何か興味深いものはありますか?」と聞かれた場合に、「something」と答えることができます。

「anything」と「something」の違い

「anything」と「something」の違いは、具体性にあります。
「anything」は何かしらの物事を指す言葉であり、特定の物事を指定しない場合に使用されます。
一方、「something」は特定の物事を指す言葉であり、何かしらの具体的な物事を指定する場合に使用されます。

「anything」の例文

1. Is there anything I can help you with?(何かお手伝いできることはありますか?)
2. Do you have anything to declare?(申告するものはありますか?)
3. I don’t have anything planned for this weekend.(今週末は何も予定がありません)
4. Would you like anything to drink?(何か飲み物はいかがですか?)

「something」の例文

1. I saw something interesting at the museum.(博物館で何か面白いものを見ました)
2. Could you bring me something to eat?(何か食べ物を持ってきてもらえますか?)
3. I need to buy something for my friend’s birthday.(友人の誕生日のために何か買わなければならない)
4. Let’s do something fun this weekend.(週末に何か楽しいことをしましょう)

まとめ

「anything」と「something」は、何かしらの物事や事柄を指す言葉ですが、具体性に違いがあります。
「anything」は特定の物事を指定しない場合に使用し、「something」は特定の物事を指定する場合に使用します。初心者にもわかりやすいように丁寧に説明していきました。どのようなトピックでも、このような形式で解説することができます。