専門用語・業界用語

どう違う?「suspect」と「doubt」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「suspect」と「doubt」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「suspect」とは?

「suspect」とは、疑いを持つことや疑わしいと思うことを意味します。例えば、犯罪行為の容疑者や、真実性が疑わしい情報などを指すことがあります。

「doubt」とは?

「doubt」とは、疑いを持つことや不信感を抱くことを意味します。例えば、信じられない話や確信を持てない情報に対して使用されることがあります。

「suspect」と「doubt」の違い

「suspect」と「doubt」の違いは意味するものにあります。前者は容疑や疑いを持つことを表し、後者は疑いや不信感を持つことを表します。要するに、「suspect」は特定の対象に疑いが向けられる場合に使用される一方、「doubt」は一般的な疑念や不信感を表現する際に用いられることが多いです。

「suspect」の例文

1. The police suspect him of committing the crime.(警察は彼が犯罪を犯したと疑っている。)
2. I suspect that he is lying.(彼が嘘をついていると思う。)
3. She is suspected of stealing the valuable necklace.(彼女は貴重なネックレスを盗んだと疑われている。)

「doubt」の例文

1. I doubt his sincerity.(彼の誠実さを疑う。)
2. Do you doubt the accuracy of the information?(その情報の正確性を疑いますか?)
3. We have no doubt about his capabilities.(彼の能力には疑いがありません。)

まとめ

「suspect」と「doubt」は、疑いや不信感を表す英単語ですが、微妙な違いがあります。前者は特定の対象に対する疑いを、後者は一般的な疑いや不信感を表現します。この違いを理解し、適切に使用することが重要です。