英語

どう違う?「surround」と「around」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「surround」と「around」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「surround」とは?

「surround」とは、英語の動詞であり、周りを取り囲むことや包囲することを意味します。例えば、「The mountains surround the town」という文では、「山々がその町を取り囲んでいる」というように使用されます。

「around」とは?

「around」とは、英語の副詞であり、周りや周囲を指し示します。例えば、「She looked around the room」という文では、「彼女は部屋の周りを見回した」というように使用されます。

「surround」と「around」の違い

「surround」と「around」は、意味や用法において異なる点があります。

「surround」は、主語が他の物事を取り囲んでいる状況を表す際に使用されます。一方、「around」は、主語がある場所や物事の周りに存在する状況を表す際に使用されます。

また、「surround」は動詞であるのに対し、「around」は副詞である点も異なります。

「surround」の例文

以下に「surround」を使った例文をいくつか紹介します。

1. The garden is surrounded by a tall wall. (その庭は高い壁に囲まれています)
2. The crowd surrounded the celebrity. (人々がその有名人を囲んだ)

「around」の例文

以下に「around」を使った例文をいくつか紹介します。

1. She walked around the park. (彼女は公園を歩き回った)
2. There are many shops around the neighborhood. (その近所にはたくさんのお店があります)

まとめ

「surround」と「around」は、周りや周囲を表す際に使用される英語の語ですが、意味や用法において異なる点があります。いずれの単語も初心者にもわかりやすく丁寧に説明しました。カジュアルなトーンで説明したことをご理解いただければ幸いです。