ビジネス・就職・転職

どう違う?「resign」と「retire」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「resign」と「retire」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「resign」とは?

「resign」とは、役職や職務から自主的に辞任することを意味します。

「retire」とは?

「retire」とは、年齢や健康状態などにより、仕事や職務から引退することを指します。

「resign」と「retire」の違い

「resign」と「retire」の違いは以下の通りです。

– 「resign」は、自主的に辞任することを意味し、理由は様々です。一方、「retire」は、年齢や健康状態などが主な理由となります。
– 「resign」は、職務や役職からの辞任を指すことが一般的ですが、個人的な関係や組織からの離脱も含まれる場合があります。「retire」は、一般的には仕事や職務からの引退を指します。

「resign」の例文

以下に「resign」の例文を示します。

1. 役職を辞任することになりました。
2. 会社を辞めることになりました。

「retire」の例文

以下に「retire」の例文を示します。

1. 年齢的な理由により、仕事を引退することになりました。
2. 健康上の問題があり、職務から退くことになりました。

まとめ

「resign」と「retire」は、職務や仕事からの離脱を表す言葉ですが、その意味や使用する場面には違いがあります。「resign」は自主的な辞任を指し、「retire」は年齢や健康状態などによる引退を指します。