英語

どう違う?「pretty」と「cute」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「pretty」と「cute」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「pretty」とは?

「pretty」とは、美しいやかわいいという意味を持つ形容詞です。主に外見や物事の見た目の美しさを表現する際に使用されます。

「cute」とは?

「cute」とは、可愛いという意味を持つ形容詞です。主に人や動物などが愛らしく見える様子を表現する際に使われます。

「pretty」と「cute」の違い

「pretty」と「cute」は、それぞれ美しいと可愛いという意味を持ちますが、使用される文脈や対象によって微妙な違いがあります。

「pretty」は、一般的には女性や風景などの美しさを表現する際に用いられます。例えば、「She is a pretty girl.」(彼女は美しい女の子です。)というように使われます。

一方、「cute」は、主に動物や子供などが愛らしい様子を表現する際に使用されます。例えば、「The puppy is so cute.」(その子犬はとても可愛いです。)というように使われます。

「pretty」の例文

1. She looks pretty in that dress.(あのドレスを着た彼女は美しいです。)
2. The flowers in the garden are really pretty.(庭の花々は本当に美しいです。)
3. The sunset was so pretty yesterday.(昨日の夕焼けはとても美しかったです。)

「cute」の例文

1. The baby is so cute with those chubby cheeks.(その赤ちゃんの丸々とした頬がとても可愛いです。)
2. Look at that cute kitten playing with a ball.(ボールで遊んでいるあのかわいい子猫を見てください。)
3. My sister bought me a cute stuffed animal.(姉が私に可愛いぬいぐるみを買ってくれました。)

まとめ

「pretty」と「cute」は、それぞれ美しいと可愛いという意味を持つ形容詞です。使用される文脈や対象によって微妙な違いがありますが、どちらも外見の美しさや魅力を表現する際に使われます。