専門用語・業界用語

どう違う?「nonetheless」と「nevertheless」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「nonetheless」と「nevertheless」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「nonetheless」とは?

「nonetheless」とは、意味的には「しかし」「にもかかわらず」という意味を持つ接続詞です。文章の中で、前置きの内容や前提条件にも関わらず、逆の事実や意見を述べる際に使用されます。

「nevertheless」とは?

「nevertheless」とも「しかし」「にもかかわらず」という意味を持つ接続詞です。類似の使い方をするため、「nonetheless」としばしば混同されますが、微妙なニュアンスの違いがあります。

「nonetheless」と「nevertheless」の違い

「nonetheless」と「nevertheless」は意味的にはほぼ同じですが、微妙なニュアンスの違いがあります。「nonetheless」はよりカジュアルなトーンで使用される傾向があり、また「nevertheless」はより形式的な文書や論文などで使用されることが多いです。

「nonetheless」の例文

– 彼は忙しかったが、nonetheless、私たちのために時間を作ってくれた。
– 天気予報によれば雨が降る可能性があるが、nonetheless、ピクニックの計画は進行する予定です。

「nevertheless」の例文

– 彼女は時間に遅れて到着したが、nevertheless、彼女のプレゼンテーションは完璧だった。
– 彼は忙しい仕事に追われているが、nevertheless、家族との時間を大切にしている。

まとめ

「nonetheless」や「nevertheless」は、文脈によって微妙なニュアンスの違いがありますが、どちらも「しかし」「にもかかわらず」という意味を持ち、カジュアルなトーンで使用されます。注意深く使い分けて、初心者にもわかりやすく丁寧に回答しましょう。