専門用語・業界用語

どう違う?「liquid」と「fluid」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「liquid」と「fluid」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「liquid」とは?

「liquid」とは、英語で「液体」という意味です。物質の一種であり、固体と気体の中間の状態を持ちます。液体は一定の体積を持ち、形状は容器などによって変わることができます。

「fluid」とは?

「fluid」とは、英語で「流体」という意味です。物質の一種であり、液体や気体を指す言葉です。流動性を持ち、形状を自由に変えることができます。液体や気体は一般的に流体と呼ばれます。

「liquid」と「fluid」の違い

「liquid」と「fluid」の違いは、主に物質の状態にあります。「liquid」は液体の状態を指し、「fluid」は液体や気体の状態を指します。液体は一定の体積を持ち、形状は変化しますが、気体は体積も形状も変化します。また、「liquid」は具体的な液体を指すこともありますが、「fluid」は液体や気体の概念を広く含んでいます。

「liquid」の例文

– Water is a common liquid.
(水は一般的な液体です。)
– The paint spilled and formed a liquid pool on the floor.
(ペンキがこぼれて床に液体のプールができました。)
– I poured the liquid into a container.
(液体を容器に注ぎました。)

「fluid」の例文

– Air is a fluid that surrounds us.
(空気は私たちを取り囲む流体です。)
– The fluid dynamics of the river influenced the formation of the delta.
(川の流体力学が三角州の形成に影響を与えました。)
– The fluidity of the liquid made it easy to pour.
(液体の流動性により、注ぎやすくなりました。)

まとめ

「liquid」と「fluid」は両方とも物質の性質を表す言葉ですが、微妙な違いがあります。液体は一定の体積を持ち、形状は変化しますが、気体は体積も形状も変化します。また、「liquid」は具体的な液体を指すこともありますが、「fluid」は液体や気体の概念を広く含んでいます。