専門用語・業界用語

どう違う?「isolate」と「separate」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「isolate」と「separate」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「isolate」とは?

「isolate」とは、ある物や事柄を他の物や事柄から分離・孤立させることを意味します。例えば、特定の物質を分離する場合や、要素を他から切り離して単独で扱う場合に使用されます。

「separate」とは?

「separate」とは、ある物や事柄を分けることを意味します。例えば、複数の要素を分割する場合や、一つのものを複数のパーツに分ける場合に使用されます。

「isolate」と「separate」の違い

「isolate」は、他の物や事柄から完全に分離して孤立させることを指します。一方、「separate」は、単に物や事柄を分けることを指します。つまり、「isolate」は完全な分離を意味するのに対し、「separate」は分割や区切りを意味するという違いがあります。

「isolate」の例文

– 試験管中の特定の成分を分離し、それを単独で分析した。
– 感染症患者を隔離し、他の人々との接触を遮断した。

「separate」の例文

– リサイクルごみは、他のゴミとは別に分別する必要がある。
– この問題は、複数の要素に分けて考えることができる。

まとめ

「isolate」と「separate」は、物や事柄を分けることを意味する単語ですが、その違いは、「isolate」が完全な分離・孤立を指すのに対し、「separate」は単に分割や区切りを指す点にあります。