専門用語・業界用語

どう違う?「handle」と「manage」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「handle」と「manage」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「handle」とは?

「handle」は、何かを処理したり取り扱ったりすることを意味します。例えば、問題や課題を解決するために取り組んだり、物事を管理するために対処したりすることです。

「manage」とは?

「manage」も、「handle」と同様に何かを処理したり取り扱ったりすることを意味します。ただし、「manage」は一般的には組織や業務などを統括的に管理することを指します。例えば、ビジネスの運営やプロジェクトの進行などを管理することです。

「handle」と「manage」の違い

「handle」と「manage」は、どちらも何かを処理したり取り扱ったりする意味では似ていますが、細かなニュアンスの違いがあります。一般的には、「handle」はより具体的な問題や課題に対して対処することを指し、一方「manage」はより大局的な統括管理を指します。

「handle」の例文

1. 私はこのプロジェクトの問題を上手にhandleしました。
2. 彼は困難な顧客の要求を丁寧にhandleしました。
3. 適切にhandleすれば、この課題は解決できるでしょう。

「manage」の例文

1. 彼女は非常に多忙なスケジュールを上手にmanageしています。
2. この会社の経営を効果的にmanageすることが彼の仕事です。
3. チームのリソースを最適化しながらプロジェクトをmanageする必要があります。

まとめ

「handle」と「manage」は、何かを処理または取り扱うという意味では似ていますが、ニュアンスや使い方に微妙な違いがあります。具体的な問題に対処する場合は「handle」、組織や業務を統括的に管理する場合は「manage」という使い分けが一般的です。