英語

どう違う?「greatly」と「largely」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「greatly」と「largely」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「greatly」とは?

「greatly」とは、非常に、大いに、非常に多くの、非常に多くのという意味で使用される副詞です。

「largely」とは?

「largely」とは、大部分は、主として、広くという意味で使用される副詞です。

「greatly」と「largely」の違い

「greatly」と「largely」の違いは以下の通りです。
– 「greatly」は、非常に、大いに、非常に多くの、非常に多くのという意味で使用されますが、「largely」は、大部分は、主として、広くという意味で使用されます。
– 「greatly」は、感情や程度を表す際に使用されることが多いですが、「largely」は、主に数量や範囲を表す際に使用されます。

「greatly」の例文

– I greatly appreciate your help. (あなたの助けには非常に感謝しています。)
– Her performance was greatly admired by the audience. (彼女の演技には観客は大いに感動しました。)
– The company’s profits have greatly increased this year. (その会社の利益は今年大幅に増加しています。)

「largely」の例文

– The success of the project largely depends on your cooperation. (プロジェクトの成功は、あなたの協力に大きく依存しています。)
– The decision was largely influenced by public opinion. (その決定は、大部分が公衆の意見に影響を受けました。)
– The new policy has largely improved the situation. (新しい政策によって状況は大いに改善されました。)

まとめ

「greatly」と「largely」はどちらも副詞であり、それぞれ異なる意味と用法があります。使い分けに注意し、文脈に合った適切な単語を選びましょう。