状態

どう違う?「frightening」と「frightened」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「frightening」と「frightened」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「frightening」とは?

「frightening」とは、恐ろしい、怖いという意味です。例えば、恐ろしい映画や怖い夢などを表現する際に使われます。

「frightened」とは?

「frightened」とは、恐れている、怯えているという意味です。自分自身が何かに対して恐怖を感じる際に使われます。

「frightening」と「frightened」の違い

「frightening」と「frightened」は意味が似ているように思えますが、使い方やニュアンスに違いがあります。例えば、「frightening」は恐怖を感じさせる物事や状況を指し、主体が他人や物事になります。一方、「frightened」は感情や自分自身の状態を指し、主体は自分自身になります。

「frightening」の例文

1. The horror movie was so frightening that I couldn’t sleep at night.
(そのホラー映画はとても恐ろしくて、夜は眠れませんでした。)
2. The thunderstorm outside is really frightening.
(外の雷雨は本当に怖いです。)

「frightened」の例文

1. She was frightened by the loud noise.
(彼女は大きな音に怯えました。)
2. I was frightened to walk alone at night.
(夜に一人で歩くのは怖かったです。)

まとめ

「frightening」と「frightened」は、恐怖や怯えに関連する言葉ですが、使い方や意味に違いがあります。注意して使うことで、より正確に感情や状態を表現することができます。初心者の方でも理解しやすいように丁寧に説明しました。