ビジネス・就職・転職

どう違う?「check」と「confirm」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「check」と「confirm」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「check」とは?

「check」とは、ある物事や情報を確認することを意味します。例えば、自分が行った作業の正確性を確かめるために再度確認することや、提供された情報が正しいかどうかを確かめることなどが該当します。

「confirm」とは?

「confirm」とは、ある事柄が正しいことを確認することを意味します。例えば、他の人の言葉や情報が正しいかどうかを確認することや、予定やアポイントメントの日時を再度確認することなどが該当します。

「check」と「confirm」の違い

「check」と「confirm」の違いは、主に確認の対象や目的にあります。
「check」は、自分や他の人が行った作業や情報の正確性を確かめることに焦点を当てています。
一方、「confirm」は、ある事柄や情報が正しいことを確認することに焦点を当てています。

「check」の例文

以下は、「check」の例文です。

– I will check my work again to make sure there are no mistakes.
– Could you please check if the information provided is accurate?
– Before submitting the report, I always double-check all the details.

「confirm」の例文

以下は、「confirm」の例文です。

– Please confirm the meeting time and location.
– Can you confirm if the order has been processed?
– I just want to confirm that I understood your instructions correctly.

まとめ

「check」とは確認することを意味し、自分や他の人が行った作業や情報の正確性を確かめる際に使用します。
一方、「confirm」は、ある事柄や情報が正しいことを確認する際に使用します。
両者は似ているように思えますが、確認の対象や目的が異なる点に注意が必要です。