英語

どう違う?「while」と「whereas」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「while」と「whereas」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「while」とは?

「while」とは、主に条件を示す際に使用される接続詞です。文脈によっては動詞の前に置かれることもあります。この接続詞は、ある条件が成り立つ間に、別のアクションや状態が続くことを表現する際に用いられます。

「whereas」とは?

「whereas」とは、主に対比を示す際に使用される接続詞です。この接続詞は、異なる2つの事柄や状況を比較し、対照的な要素や違いを強調するために使用されます。

「while」と「whereas」の違い

「while」と「whereas」の違いは、主に使用される文脈や意味の違いにあります。「while」は条件を示す際に使用され、ある条件が成り立つ間に別のアクションが起こることを表現します。「whereas」は対比を示す際に使用され、異なる2つの要素や状況を比較し、対照的な要素や違いを強調します。

「while」の例文

1. I will keep studying while you are on vacation.
2. While the rain was pouring, I stayed indoors.

「whereas」の例文

1. John likes hot weather, whereas his sister prefers cold weather.
2. She enjoys reading, whereas he prefers watching movies.

まとめ

「while」と「whereas」は、異なる文脈で使用される接続詞です。「while」は条件を示す際に使用され、ある条件が成り立つ間に別のアクションが起こることを表現します。「whereas」は対比を示す際に使用され、異なる2つの要素や状況を比較し、対照的な要素や違いを強調します。