英語

どう違う?「various」と「variety of」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「various」と「variety of」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「various」とは?

「various」は英語の形容詞であり、さまざまな種類やさまざまな種類のものを意味します。この言葉は多様性やバラエティを表現する際に使われます。

「variety of」とは?

「variety of」は英語の表現で、さまざまな種類のものを指します。この表現も「various」と同じく、多様性やバラエティを強調するために使われます。

「various」と「variety of」の違い

「various」と「variety of」は意味としてはほぼ同じですが、使用法には微妙な違いがあります。一般的には、「various」は単一の形容詞として使われ、特定の名詞に直接続けて使います。一方、「variety of」は名詞の前に置かれ、その名詞を修飾する形で使われます。

「various」の例文

1. There are various ways to solve this problem.
(この問題を解決するためにはさまざまな方法があります。)

2. The store offers various products for different needs.
(その店舗ではさまざまなニーズに対応した商品を提供しています。)

3. She has traveled to various countries around the world.
(彼女は世界中のさまざまな国を旅行しました。)

「variety of」の例文

1. The supermarket offers a variety of fruits and vegetables.
(そのスーパーマーケットではさまざまなフルーツや野菜を提供しています。)

2. This museum showcases a variety of artworks from different time periods.
(この美術館ではさまざまな時代の芸術作品を展示しています。)

3. The event will feature a variety of performances, including music, dance, and theater.
(そのイベントでは音楽、ダンス、演劇などさまざまなパフォーマンスが行われます。)

まとめ

「various」と「variety of」は多様性やバラエティを表現する際に使われる表現です。「various」は形容詞として使われ、名詞に直接続けて使用されます。「variety of」は名詞の前に置かれ、その名詞を修飾する形で使われます。どちらの表現も、さまざまな種類やさまざまな種類のものを表す際に活用されます。