状態

どう違う?「terrible」と「horrible」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「terrible」と「horrible」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「terrible」とは?

「terrible」とは、非常にひどい、ひどく不快な、または恐ろしいという意味を持つ形容詞です。

「horrible」とは?

「horrible」とは、非常にひどい、ひどく不快な、または恐ろしいという意味を持つ形容詞です。

「terrible」と「horrible」の違い

「terrible」と「horrible」の意味は非常に似ていますが、微妙な違いがあります。一般的には、「terrible」はあまりにもひどい、嫌な経験や感情を表現する際に使われることが多く、一方で「horrible」は怖い、不快な状況や事物を表現する際に使われることが多いです。

「terrible」の例文

1. The movie was terrible.(その映画はひどかった。)
2. I had a terrible headache yesterday.(昨日はひどい頭痛がした。)
3. The weather has been terrible all week.(今週は天気がひどい。)

「horrible」の例文

1. The food at that restaurant was horrible.(あのレストランの料理はひどかった。)
2. The smell in the room was horrible.(その部屋のにおいはひどかった。)
3. The accident was horrible to witness.(その事故は目撃するのがひどかった。)

まとめ

「terrible」と「horrible」は、どちらも非常にひどい、ひどく不快な、または恐ろしいという意味を持つ形容詞ですが、微妙なニュアンスの違いがあります。ただし、使い方に注意しながら、初心者にもわかりやすく丁寧な文章を作成するようにしましょう。これらの単語はカジュアルなトーンで使用することもできます。