専門用語・業界用語

どう違う?「specific」と「concrete」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「specific」と「concrete」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「specific」とは?

具体的な、明確なという意味を持つ形容詞です。例えば、「I want a specific book」という文では、特定の本を指しています。

「concrete」とは?

具体的な、有形のという意味を持つ形容詞です。例えば、「I poured concrete into the mold」という文では、具体的な材料であるコンクリートを指しています。

「specific」と「concrete」の違い

「specific」と「concrete」は似ている意味を持っているため、混同されることがありますが、微妙な違いがあります。具体的な対象や詳細な情報を指す場合には、”specific”を使用し、物理的な存在や有形のものを指す場合には、”concrete”を使用します。

「specific」の例文

– I need specific instructions on how to use this machine. (この機械の使い方について具体的な指示が必要です。)
– Can you give me a specific date for the meeting? (会議の具体的な日時を教えてもらえますか?)

「concrete」の例文

– The path was covered in concrete. (その道はコンクリートで覆われていました。)
– The statue was made of concrete. (その像はコンクリートで作られていました。)

まとめ

「specific」とは具体的な、明確なことを指す形容詞で、「concrete」とは具体的な、有形のものを指す形容詞です。どちらも微妙な違いがありますが、正確な意味を理解して使い分けることが大切です。