専門用語・業界用語

どう違う?「sensitive」と「sensible」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「sensitive」と「sensible」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「sensitive」とは?

「sensitive」は、日本語で「敏感な」「感受性のある」という意味です。感情や他人の意見に対して敏感であり、傷つきやすい性質を指します。

「sensible」とは?

「sensible」は、日本語で「分別のある」「賢明な」という意味です。思慮深く、理性的な判断をすることを示します。

「sensitive」と「sensible」の違い

「sensitive」と「sensible」の違いは以下の通りです。

– 「sensitive」は感情や感受性に関連しており、敏感さや傷つきやすさを意味します。
– 「sensible」は判断や行動に関連しており、分別や賢明さを意味します。

「sensitive」の例文

1. She is very sensitive to criticism.(彼女は批判に敏感です。)
2. The child is sensitive to loud noises.(その子供は大きな音に敏感です。)
3. He has a sensitive nature and is easily affected by others.(彼は敏感な性格で、他人に影響を受けやすいです。)

「sensible」の例文

1. It would be sensible to save some money for emergencies.(緊急事態に備えてお金を貯めるのが賢明です。)
2. She always makes sensible decisions.(彼女は常に分別のある決断をします。)
3. It’s not sensible to go outside without a coat in this cold weather.(この寒い天候でコートを着ずに外出するのは賢明ではありません。)

まとめ

「sensitive」と「sensible」は、それぞれ感情や感受性、判断や行動に関連しています。「sensitive」は敏感さや傷つきやすさを意味し、「sensible」は分別や賢明さを意味します。