専門用語・業界用語

どう違う?「relevant」と「related」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「relevant」と「related」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「relevant」とは?

「relevant」とは、関連性や関心のあることを指します。何かしらの主題やテーマに対して、重要で関連性のある情報や事柄を意味します。

「related」とは?

「related」とは、何かしらの関係があることを指します。何かしらの共通点や関連性を持っていることを表現します。

「relevant」と「related」の違い

「relevant」と「related」の違いは、重要性と関連性の度合いです。「relevant」はより重要で関連性が強いことを表し、一方で「related」は関係があるということを示していますが、必ずしも重要性や関連性が高いわけではありません。

「relevant」の例文

– この研究は、現代の社会において非常にrelevantな問題を取り扱っています。
– 彼の提案は、私たちの会社にとって非常にrelevantであり、積極的に検討すべきです。

「related」の例文

– 彼の研究は、私の研究とrelatedしており、重要な示唆を与えている。
– これは、彼女の発言と直接的にrelatedする問題ではありませんが、関連性があると言えます。

まとめ

「relevant」と「related」は、関連性や関心のあることを表現する際に使用されます。しかし、重要性や関連性の度合いに違いがあります。