英語

どう違う?「rarely」と「seldom」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「rarely」と「seldom」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「rarely」とは?

「rarely」とは、あまり頻繁に起こらないという意味です。日本語では「めったに~ない」といった表現で使われます。

「seldom」とは?

「seldom」とは、「まれに」という意味の形容詞です。似た意味の単語である「rarely」と同じく、あまり頻繁に起こらない状況を表すために使用されます。

「rarely」と「seldom」の違い

「rarely」と「seldom」は似た意味を持つ単語ですが、微妙な違いも存在します。一般的には、どちらも「まれに」という意味で使用されますが、「rarely」は「めったに~ない」というニュアンスを強調する場合に使われることが多く、また、「seldom」は少しフォーマルな印象を持つことがあります。

「rarely」の例文

– I rarely go to the movie theater.
(私は映画館にはめったに行きません。)
– He rarely eats fast food.
(彼はファーストフードをほとんど食べません。)
– We rarely see each other nowadays.
(最近、私たちはめったに会いません。)

「seldom」の例文

– She seldom goes on vacation.
(彼女は滅多にバケーションに行きません。)
– They seldom stay up late.
(彼らはめったに夜更かししません。)
– It seldom rains in this area.
(この地域ではめったに雨が降りません。)

まとめ

「rarely」と「seldom」は、頻繁に起こらない状況を表すために使われる単語です。どちらも「まれに」という意味を持ちますが、微妙なニュアンスの違いがあります。これらの単語を使って文を組み立てることで、より正確に自分の意図を伝えることができます。初心者にもわかりやすいように、丁寧に解説しました。どうぞ参考にしてください。