専門用語・業界用語

どう違う?「minute」と「minutes」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「minute」と「minutes」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「minute」とは?

「minute」とは、時間の単位であり、1時間を60分に分けたものです。

「minutes」とは?

「minutes」とは、「minute」の複数形であり、複数の時間の単位を表します。

「minute」と「minutes」の違い

「minute」と「minutes」の違いは、単数形と複数形の違いです。単数形の「minute」は1つの時間の単位を表し、複数形の「minutes」は複数の時間の単位を表します。

「minute」の例文

– I will be there in a minute. (すぐそこに行きます。)
– She waited for him for thirty minutes. (彼女は彼を30分待ちました。)
– The meeting will start in five minutes. (会議は5分後に始まります。)

「minutes」の例文

– The movie lasted for two hours and thirty minutes. (その映画は2時間30分続きました。)
– They discussed for several minutes before making a decision. (彼らは意思決定をする前に数分間話し合いました。)
– The presentation should not exceed ten minutes. (プレゼンテーションは10分を超えてはいけません。)

まとめ

「minute」とは単数形で1つの時間の単位を表し、「minutes」とは複数形で複数の時間の単位を表します。使い方に注意して正確に使いましょう。初心者にもわかりやすく丁寧に説明しましたので、理解していただけると思います。