専門用語・業界用語

どう違う?「hard」と「tough」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「hard」と「tough」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「hard」とは?

「hard」とは、物理的・精神的に困難な、苦労を伴うという意味です。例えば、難しい課題や厳しい条件に直面する場合に使用されます。

「tough」とは?

「tough」とは、「困難な」という意味で、「hard」と同じような使い方ができます。しかし、「tough」は「困難さ」がより強調される傾向があります。

「hard」と「tough」の違い

「hard」と「tough」は意味としては似ていますが、微妙な違いがあります。一般的には、「hard」は課題や問題の難しさに焦点を当てており、その困難さによって克服の難易度を表現します。「tough」は、困難さや厳しさに焦点を当てることで、強さや固さを表現する傾向があります。

「hard」の例文

1. Studying engineering can be hard, but it is rewarding.
2. The math test was really hard, but I managed to pass it.
3. Learning to play a musical instrument is hard, but with practice, you can improve.

「tough」の例文

1. Quitting smoking is tough, but it is worth it for your health.
2. The team faced tough competition, but they still managed to win.
3. Surviving in the wilderness alone can be tough, but it is a great adventure.

まとめ

「hard」と「tough」は両方とも困難さや厳しさを表現するための言葉ですが、微妙な違いがあります。適切な文脈や状況に応じて使い分けることが重要です。