英語

どう違う?「extremely」と「very」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「extremely」と「very」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「extremely」とは?

「extremely」は、「非常に」という意味の副詞です。強調を表現する際に使われることが多く、その程度が非常に高いことを示します。

「very」とは?

「very」は、「とても」という意味の副詞です。程度を表現する際に使われ、その程度が高いことを表します。

「extremely」と「very」の違い

「extremely」と「very」は、どちらも程度を表現する際に使われますが、その強さに違いがあります。「extremely」は「非常に」という意味で、非常に強い感情や程度を表現する際に使用されます。「very」は「とても」という意味で、強い感情や程度を表現する際に使われますが、「extremely」ほど強調するわけではありません。

「extremely」の例文

– The weather is extremely hot today.(今日の天気は非常に暑いです。)
– She is extremely talented.(彼女は非常に才能があるです。)
– The movie was extremely exciting.(その映画は非常に興奮しました。)

「very」の例文

– The book is very interesting.(その本はとても面白いです。)
– He is very happy with the result.(彼はその結果にとても喜んでいます。)
– The cake looks very delicious.(そのケーキはとても美味しそうです。)

まとめ

「extremely」と「very」は、程度を表現する際に使われますが、その強さに違いがあります。「extremely」は非常に高い程度を表し、「very」は高い程度を表します。