専門用語・業界用語

どう違う?「alternate」と「alternative」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「alternate」と「alternative」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「alternate」とは?

「alternate」とは、交互に発生することや交互に使われることを意味します。例えば、左右交互に動くことや、週替わりで担当することなどがあります。

「alternative」とは?

「alternative」とは、選択肢や代替手段を意味します。何か一つの選択肢や方法がある場合に、それに対する別の選択肢や方法を指します。

「alternate」と「alternative」の違い

「alternate」は、交互に発生することや使われることを表し、特に順番や動作に注目します。「alternative」は、選択肢や代替手段を示し、特に何かの選択がある場合に使われます。

「alternate」の例文

1. 彼らは交互に演奏を行った。
2. この道路は左右交互に交通が流れます。
3. 明日は私が担当し、明後日は彼が担当する予定です。

「alternative」の例文

1. テストの結果次第で、留年するか編入するかの選択肢がある。
2. 新しいレストランを探しているけど、何かおすすめの代替手段はありますか?
3. お金を借りる代わりに、手伝いをすることもできます。

まとめ

「alternate」は交互に発生することや使われることを表し、「alternative」は選択肢や代替手段を示します。注意点として、厳密な使い方や文脈によっては異なるニュアンスを持つこともあるため、具体的な文脈に基づいて使うことが重要です。