英語

どう違う?「admit doing」と「admit to doing」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「admit doing」と「admit to doing」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「admit doing」とは?

「admit doing」とは、自分が何かをしたことを認めることを意味します。例えば、
“I admit eating all the cookies.”(私は全てのクッキーを食べたことを認めます。)のような使い方があります。

「admit to doing」とは?

「admit to doing」とは、「admit doing」と同じく自分が何かをしたことを認めることを意味しますが、より正式な表現です。例えば、
“She admitted to stealing the money.”(彼女はお金を盗んだことを認めました。)のような使い方があります。

「admit doing」と「admit to doing」の違い

「admit doing」と「admit to doing」の違いは、基本的には使用する文脈やトーンの違いです。一般的には、「admit doing」はよりカジュアルな表現であり、日常会話や非公式な文書で使用されます。「admit to doing」はよりフォーマルな表現であり、公式な文書や法廷での証言などで使用されることが多いです。

「admit doing」の例文

– “I admit drinking too much last night.”(昨晩、私は飲みすぎたことを認めます。)
– “He admitted lying about his age.”(彼は自分の年齢について嘘をついたことを認めました。)

「admit to doing」の例文

– “She admitted to stealing the money from the company.”(彼女は会社からお金を盗んだことを認めました。)
– “He admitted to cheating on the test.”(彼は試験でカンニングをしたことを認めました。)

まとめ

「admit doing」と「admit to doing」は、自分が何かをしたことを認める表現ですが、使用する文脈やトーンによって使い分けることがあります。