専門用語・業界用語

どう違う?「音」と「声」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「音」と「声」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「音」とは?

音は、何かが振動し、空気を通じて耳に届くことで感じることができる現象です。日常生活でよく聞く音には、音楽や話し声、車のエンジン音などがあります。

「声」とは?

声は、人や動物が発する音のことを指します。人間の声は、喉から発せられる空気が声帯を通過する際に振動し、それによって音が生じます。声は、人々がコミュニケーションを取るために重要な役割を果たしています。

「音」と「声」の違い

音と声の違いは、発する主体が異なることです。音は自然界や物体から発せられるものであり、声は人や動物が発するものです。また、音は振動によって発生するため、音の高低や強弱がありますが、声は声帯の振動によって特徴づけられます。

「音」の例文

以下はいくつかの音の例文です。
– 鳥のさえずりが聞こえる。
– ピアノの音色が美しい。
– 雨の音が心地よい。

「声」の例文

以下はいくつかの声の例文です。
– 友人の声が聞こえた。
– 先生の声で指示を受けた。
– 子供の笑い声が響く。

まとめ

音と声は、日常生活でよく聞く現象です。音は自然界や物体から発せられるものであり、声は人や動物が発するものです。音と声は異なる特徴を持ち、それぞれがコミュニケーションや感覚的な体験に重要な役割を果たしています。