状態

どう違う?「本来」と「本当」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「本来」と「本当」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「本来」とは?

「本来」とは、本来的な状態や本質的な性質を指す言葉です。何かの本来的な状態や性質とは、そのものが持つべき自然な状態や本質のことを指します。

「本当」とは?

「本当」とは、真実や事実を指す言葉です。何かが本当であるとは、それが真実であり、事実であることを意味します。

「本来」と「本当」の違い

「本来」と「本当」は、似ているように見えますが、意味するものが異なります。

「本来」は、物事の持っているべき本質や自然な状態を指し、それに対して「本当」は真実や事実を指します。

例えば、「人間は本来社会的な生き物である」という表現では、人間の本質的な性質を述べています。「人間は本当に社会的な生き物である」という表現では、それが真実であることを述べています。

「本来」の例文

以下は「本来」を使った例文です。

1. 猫は本来、夜行性の動物です。
2. 食べ物は本来、私たちの体に栄養を与えるためのものです。
3. 植物は本来、光合成によってエネルギーを生み出します。

「本当」の例文

以下は「本当」を使った例文です。

1. 彼が言っていることは本当ですか?
2. そのニュースは本当の情報ですか?
3. 私の意見は本当のことばかりです。

まとめ

「本来」と「本当」は、似ているが意味が異なる言葉です。「本来」は物事の本質や自然な状態を指し、「本当」は真実や事実を指します。