専門用語・業界用語

どう違う?「数値」と「数字」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「数値」と「数字」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「数値」とは?

数値とは、数を表す値のことです。具体的な数や計算結果など、数量を表す際に使用されます。

「数字」とは?

数字とは、文字や記号で表される数のことです。例えば、0や1、2などの整数や、1.5や3.14などの小数などが数字として使われます。

「数値」と「数字」の違い

数値と数字は似た意味合いを持っていますが、微妙な違いがあります。数値は抽象的な数を表す際に使われるのに対して、数字は具体的な数を表す際に使われることが多いです。

「数値」の例文

1. 体重を計ると、数値として表示されます。
2. 音楽の音程は、数値で表されます。
3. お金の値段も、数値で示されます。

「数字」の例文

1. 10個のりんごが入っているバスケットがあります。
2. 公園のベンチの番号は、数字で表されています。
3. スーパーマーケットで買い物をする際に、価格が数字で表示されています。

まとめ

数値と数字は、数を表す際に使われる言葉ですが、微妙な違いがあります。数値は抽象的な数を、数字は具体的な数を表すことが多いです。初心者でもわかりやすく丁寧に説明するように心がけ、カジュアルなトーンで伝えることが大切です。