生活・教育

どう違う?「捨てる」と「処分」の違いをわかりやすく解説!

この記事では、「捨てる」と「処分」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「捨てる」とは?

「捨てる」とは、物や物事を手放し、不要なものとして扱うことを意味します。例えば、家庭でのゴミを捨てる、使い古した衣服を捨てるなどが一般的な使い方です。

「処分」とは?

「処分」とは、物や物事を処理し、必要な手続きを経て取り扱うことを指します。例えば、不要な家具を処分するために廃棄物処理センターに持ち込む、古いパソコンを専門のリサイクル業者に処分するなどが一般的な使い方です。

「捨てる」と「処分」の違い

「捨てる」と「処分」の違いは、取り扱いの仕方にあります。特に「捨てる」は単に手放す行為を指すのに対し、「処分」は手続きや方法も含まれています。つまり、「捨てる」は比較的簡単に行える一方、「処分」は手間や手続きを要する場合があります。

「捨てる」の例文

以下に「捨てる」の例文をいくつか示します。

1. 使い古した日用品を捨てる前に、まだ使えるかどうかを確認しましょう。
2. ゴミの分別をしっかり行って、環境に配慮した形で不要なものを捨てましょう。
3. 古い書類は、個人情報が含まれている場合には適切に処分してください。

「処分」の例文

以下に「処分」の例文をいくつか示します。

1. 不要な家具を処分するために、市の回収サービスを利用しました。
2. 古い家電製品を処分する際には、リサイクル業者に持ち込んで適切に処理しましょう。
3. 会社の廃業に伴い、オフィス用品を処分する必要がありました。

まとめ

「捨てる」と「処分」は、物や物事を手放す行為を指す言葉ですが、その取り扱い方に違いがあります。「捨てる」は手続きを伴わず、比較的簡単に行える一方、「処分」は手間や手続きを要する場合があります。必要な場合には、適切な方法で物を処分しましょう。